ユニットバスのリフォーム費用の相場

subpage01

お風呂のリフォームをする際は、タイルなどを使用した在来工法で行うほかにも、「ユニットバス(システムバスとも呼ばれる)」にするという方法があります。このユニットバスは、工場で事前に作られた浴槽や壁といったお風呂場を構成するパーツを、実際の設置場所で組み立てるという方法で設置されるもので、現在ではお風呂のリフォームで主流になっている工法です。



費用に関しては、もっとも一般的とされる「1616」(1坪、3.3平米)の場合だと、在来工法の状態からのリフォームで「90万円〜120万円程度」が相場になります。同じユニットバスが設置してある状態から行う場合は「80万円〜100万円程度」と比較的安く済みますが、在来工法の状態から行う場合はお風呂場全体の工事が必要になるため、少し費用が高くなります。



そして大きめのサイズである「1818」(1.5坪、5平米)に関しては、一般的なサイズである「1616」と比べると2~3割程度費用が高くなります。
また現在の状態よりお風呂場を広くする場合は、そのための工事費用も別途必要になるため、事前に考慮しておく必要があるでしょう。



マンションで行う場合については、戸建てで行う場合と比べて特に費用が変わるということはありませんが、工事や手続きなどに関するマンション規約をあらかじめ確認しておくことも重要です。

そしてマンションで行う場合は、大家さんや管理組合などに迷惑がかからないよう配慮する必要があるでしょう。